ポイント⑤ 必要な息の強さが自分に合うか

オカリナ裏面のここを「歌口」といいますが・・・

この穴が大きいものほど、息がたくさん必要で、 小さいものほど、息は少しですみます。

楽器店ならそばにピアノなどあるでしょうから、 ピアノで「ソ」オカリナで「ソ」、 ピアノで「ラ」オカリナで「ラ」みたいな感じで試していけば、 正しい音程の音を出したとき、息がどのくらい必要かを判断できるでしょう。

息が続かなくて苦しい。だけでなく、 息が吹けなさ過ぎて苦しい、ということもありえます。 どっちでもない、ちょうどいい楽器を選びたいですね。

あと注意点として、試奏は、満腹のときはやめたほうがいいと思います。 空腹の時と、吹ける息の量が全然違ってきます。

ポイント④ 穴がふさぎやすいか

ポイント⑥ 音色が好きか

つぶやき

公式サイトへの訪問どうもありがとうございます。お仕事のご依頼等は「お問い合わせ」蘭よりお願い致します。

リンク


オカリナ買った人はまずここ。オカリナ講師はオカリナが上手くなる方法を知っています。初心者も上級者も必見です。そして動画だと文字で解説書を読むよりわかりやすいです。

Twitter (@Justin_ocarina)
フォロワー1万人とちょっと。
殺伐としたタイムラインを薄めるキーウィのイラストはこちらです
(オカリナとは別のイラストの仕事をしています)

noteでは「楽器練習に疲れた時に読むマガジン」や「オカリナ一本で生計を立てるには」などの記事を掲載しています。動画再生する気になれない時なんか、読むとちょっと元気になれるかも。

シンプルなオカリナグッズ

一瞬「あれは何…?」と思わせた後に浮かび上がるオカリナの白いシルエットは、注目度UPに役立つこと間違いなしです。

シンプルで主張しすぎず、かつ個性のあふれるデザインになっています。
他にも色々なデザインを売っております。


こちらからどうぞ

ページの先頭へ