値段が高ければ良いオカリナ?

そうともかぎりません。

値段がかなり高くて、装飾がきれいでも、置き物同然の、楽器としての価値がほとんどないオカリナもあります。

また、れっきとした楽器店に売っているものならすべて安心かというと、そうでもありません。 「試奏はご遠慮ください」とか書いてあると、私は怖くて買う気がしません。 音程の狂っているものや、最高音まで出ないものなど、けっこう平気でショーケースに並んでいます。

お土産物屋さんなどにオカリナが売っている場合もありますが、 1000円とか、あまり安すぎるものもおススメできません。 「お土産屋さんなのにとてもよい楽器を買えた!」という話をきいたこともありますが、 ハズレる可能性のほうが大きいのは確かです。 「入門用!」とか書いてあっても、あまりいいものは多くありません。 ああいう粗悪品が大量に出回って、ちょっと前のオカリナブームを、 いち早く消し去ってしまったのではないかと・・・。 例え初めて買うオカリナでも、この楽器は他と比べて安く、5000円~1万円程度でよい楽器が手に入るので、 そのくらいの値段のものの中から選ぶと良いかなと思います。

最近は1万円以上する個人製作のオカリナなども、ホームページで見かけるようになりました。 きっといい音がするんでしょうが・・・なかなか怖くて手が出せずにいます。 買ってみて、全く使い物にならなかったという話も耳にしますので。。。

初めて買うので、試奏しようにもできない?

つぶやき

今コロナ禍で一時的に日本に帰ってきています。最近は通信速度の良い日本のインターネットを存分に利用して、Syncroomで友人たちとオンラインセッションを楽しんでいます。あとEWI5000というウインドシンセサイザーを購入して沼にはまってみたり、カズーやスライドホイッスル、最近はアルトサックスも試したりしています。家にいなければならない時間もなかなか楽しめています。

リンク


オカリナ買った人はまずここ。オカリナ講師はオカリナが上手くなる方法を知っています。初心者も上級者も必見です。そして動画だと文字で解説書を読むよりわかりやすいです。

Twitterでは「キーウィ」などの動物ががもちもち動くGIFアニメを描いています。もしシュールでかわいい動物を眺めて暫し時を忘れる事がお好きでしたらぜひご覧ください。

noteでは「楽器練習に疲れた時に読むマガジン」や「オカリナ一本で生計を立てるには」などの記事を掲載しています。動画再生する気になれない時なんか、読むとちょっと元気になれるかも。

オカリナのホームページ、動画、パンフレットづくりに最適なイラストはこちら(商用可能)。

シンプルなオカリナグッズ

一瞬「あれは何…?」と思わせた後に浮かび上がるオカリナの白いシルエットは、注目度UPに役立つこと間違いなしです。

シンプルで主張しすぎず、かつ個性のあふれるデザインになっています。
他にも色々なデザインを売っております。


こちらからどうぞ

ページの先頭へ