YAMAHA AC

これは、今から15年ほど前、私が初めて買ったオカリナです。 中学校1年生になったばかりでした。 そのころ、オカリナの知識などあろうはずも無く、試奏もせず、ただなんとなく買ったものです。 しかし購入後すぐに、この楽器の良さに魅了され、時間を見つけては何時間も吹くようになりました。 YAMAHA ACはオカリナとして群を抜いてすばらしい、というわけではありませんが、 今考えると、わりと、当たりを買えたなと思います。

(歌口の加工も綺麗。軽い) かすれたような、はっきりとしない音。 迫力がないので演奏会や野外などには向きませんが、独特の味がある音です。 ただ、野外でも谷あいや湖畔など音響効果の優れたところで吹いた時には 他のオカリナにはない、乙な音がしました。当時千葉県浦安市のとある楽器店にて、確か5600円で購入したと思います。 アルトC管にしては軽いので、どこへでももって行きやすく、便利です。 その後、おなじ系列のYAMAHA F管も購入しましたが、ピッチが狂っており、 色も悪く、おまけに1年以上経ってもニス臭いままだったため、 使わなくなりました。確か4000円台だったと思います。 現在、このモデルは製造が終了しています。 今YAMAHAから出ているスタンダードなオカリナは、 「アケタ」というメーカーのOEMです。 独自でオカリナを開発するのはやめたようです。 調べたところ、アルトC(OCR-AC5W)で9000円だそうです。 楽器自体は、見たところアケタのオカリナそのまんまでした。 

つぶやき

今コロナ禍で一時的に日本に帰ってきています。最近は通信速度の良い日本のインターネットを存分に利用して、Syncroomで友人たちとオンラインセッションを楽しんでいます。あとEWI5000というウインドシンセサイザーを購入して沼にはまってみたり、カズーやスライドホイッスル、最近はアルトサックスも試したりしています。家にいなければならない時間もなかなか楽しめています。

リンク


オカリナ買った人はまずここ。オカリナ講師はオカリナが上手くなる方法を知っています。初心者も上級者も必見です。そして動画だと文字で解説書を読むよりわかりやすいです。

Twitterでは「キーウィ」などの動物ががもちもち動くGIFアニメを描いています。もしシュールでかわいい動物を眺めて暫し時を忘れる事がお好きでしたらぜひご覧ください。

noteでは「楽器練習に疲れた時に読むマガジン」や「オカリナ一本で生計を立てるには」などの記事を掲載しています。動画再生する気になれない時なんか、読むとちょっと元気になれるかも。

オカリナのホームページ、動画、パンフレットづくりに最適なイラストはこちら(商用可能)。

シンプルなオカリナグッズ

一瞬「あれは何…?」と思わせた後に浮かび上がるオカリナの白いシルエットは、注目度UPに役立つこと間違いなしです。

シンプルで主張しすぎず、かつ個性のあふれるデザインになっています。
他にも色々なデザインを売っております。


こちらからどうぞ

ページの先頭へ