AKETA T2-F

一時期、日本でもっとも有名なオカリナだったかもしれません。 12穴オカリナを世に広める上で、オカリナメーカー「アケタ」社長の 明田川氏の払った努力は大きく、 その功績抜きにしてオカリナの歴史は語れません。 とくにこのT-2Fは女性にも扱いやすい大きさで、入門用としてもポピュラーでした。 値段は、2012年12月現在で、6500円だそうです。

ただ、個体差が激しく、優しくふけるものもあれば、扱いの非常に難しいものも売られています。 アケタのオカリナなのに、高音が出ない、なんてものも見たことがあります。 このT-2Fは、銀座の山野楽器というところで購入しました。 とてもいい楽器屋で、一時間以上試奏させてくれました。 このT-2F、高音の抜けが非常に良い! 最高音まで出しても、まだまだ楽器に余裕のある感じ。 軽く、それでいて深みのある音が出る。 ダブルタンギングなども軽快に決まります。 さらに、F管にはめずらしくこのオカリナは倍音が出る(演奏には使えないが)。 また、他と比べて吹き口が薄べったくて、くわえやすい。 その楽器店にて「これは良い楽器にちがいない!」と独り感動した私は、 迷わず買ってしまいました。 「NOBORU」や「Field of Sunny」「思い出の交差点」など、初期のころの思い入れのある曲は 殆どこのT-2Fで録音しました。 

つぶやき

今コロナ禍で一時的に日本に帰ってきています。最近は通信速度の良い日本のインターネットを存分に利用して、Syncroomで友人たちとオンラインセッションを楽しんでいます。あとEWI5000というウインドシンセサイザーを購入して沼にはまってみたり、カズーやスライドホイッスル、最近はアルトサックスも試したりしています。家にいなければならない時間もなかなか楽しめています。

リンク


オカリナ買った人はまずここ。オカリナ講師はオカリナが上手くなる方法を知っています。初心者も上級者も必見です。そして動画だと文字で解説書を読むよりわかりやすいです。

Twitterでは「キーウィ」などの動物ががもちもち動くGIFアニメを描いています。もしシュールでかわいい動物を眺めて暫し時を忘れる事がお好きでしたらぜひご覧ください。

noteでは「楽器練習に疲れた時に読むマガジン」や「オカリナ一本で生計を立てるには」などの記事を掲載しています。動画再生する気になれない時なんか、読むとちょっと元気になれるかも。

オカリナのホームページ、動画、パンフレットづくりに最適なイラストはこちら(商用可能)。

シンプルなオカリナグッズ

一瞬「あれは何…?」と思わせた後に浮かび上がるオカリナの白いシルエットは、注目度UPに役立つこと間違いなしです。

シンプルで主張しすぎず、かつ個性のあふれるデザインになっています。
他にも色々なデザインを売っております。


こちらからどうぞ

ページの先頭へ